樹と水

とてもいやなことがあった。

しんどいことは溜めずにだす。
耐えてること、じっと押し黙っていることのがしんどいから。
多分過労死しないタイプ。

ところが、だせない。
だしたいのに、だしちゃいけない。だしたいのに。
すごい負担。でもだすと多分もっとひどいことになる。
どうしても、どーしても、がまんできなかった。

仕事帰り、ちょっと散歩にいくことにした。


森?に入った途端、薄暗く視界がはっきりしない。
ちょうど夕暮れ時、ものの輪郭がぼやける時間。
木が茂るとこんなにも光が届かないのか。



ところが。
暗い。
くらいよ!高尾山案却下してよかった…


さらにはっきりと妙になる視界。
焦点があわないというか、裸眼になっているような。
遠近感もちょっとおかしい。
人工光のあるところまで来たらさくっとなおった。
なんだろなー。

ストレスあるともどしちゃうから夕飯抜き。
いやなものはいなくならないけど、
お風呂に入ったあとのような気持ちにはなれた。

コメント
コメントする






   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

search this site.

recent comment

recent trackback

profile

mobile

qrcode

others