もんじゃ焼き「太郎」

5月に初もんじゃ焼き体験。
もんじゃのアテなんてないので、羽海野チカの将棋漫画、
『3月のライオン』3巻扉絵に出ていたもんじゃ屋さんに
行くことにする。

月島のもんじゃ通りというところにあるのだけどすごかった。
三歩あるけばもんじゃ焼き。
そして、全てのお店にほぼ同人数の行列が出来ている。
GWまっさかりだったからなんだろうけど、
どのお店にもまんべんなく並んでいるのがすごい。
突出して行列の長いお店・短いお店がない。
まーつまりどこ入っても同じだな、と安心感。





1時間並んで入店。席につくと大きなビニール袋を渡される。
においがつくから荷物等これに入れておけと。なるほど。
でもそれ、入店する前にビニールに入れないと意味ないんじゃないかしら……。




鏡にお客さんがばっちり写り混むのでモザイクー。

もんじゃ、ほんっとーにどろどろで固まらない。
お店の人にきいたらお好み焼きより小麦粉の量が少ないのだそうだ。

鮭もんじゃ焼きが美味しかった。青のりや七味がよくあってた。
(もとに味があるので、できあがってからソースなどは不要)
ただ、1点気になったのは、調味料が
味の素・こしょう・醤油。
味の素て。
それは生地作る時にだしひくとか、事前にもちょっと
お店が工夫すべきとこなんじゃ、とはちょと思った。

お好み焼きと一緒でわいわい食べられるのが楽し美味しい。
意外とにおいはつかなかった。

護衛艦たかなみ特製カレー

 存在知った途端購入『お艦のレシピ』 が案外好き。
思ったよりレシピがたくさんあって嬉しい。
そして思ったより手が込んだレシピが多い。

そんな護衛艦たかなみのなすとひき肉カレーにチャレンジ。

 【材料(4人分)】
牛ひき肉 100g
豚ひき肉 100g
にんじん(さいの目切り) 1本
玉ねぎ(さいの目切り)  1個
なす(小口切り)      3本
グリーンピース       適量
にんにく(みじん切り)   小さじ1
しょうが(みじん切り)    小さじ1
カレー粉           大さじ1
カレールウ          200g
デミグラスソース      大さじ4
トマトケチャップ      大さじ2
とんかつソース       大さじ2
ウスターソース       大さじ2
バター            40g
牛乳             100ml
水               6カップ
サラダ油           適量
ごはん            適量

 【作り方】
1.鍋にサラダ油としょうが、にんにくのみじん切りを入れ、
 香りが出たらひき肉を加え、透明な油が出るまで炒める。

2.にんじん、玉ねぎを加えてさっと炒め合わせ、水、デミグラスソース、
 トマトケチャップ、とんかつソース、ウスターソースを入れて、
 アクを取りながら1時間ほど中火で煮込み、火を弱める。

3.フライパンにカレー粉を入れ、色が変わるまでよく炒め、
 煮込んでいる鍋の火を一旦止めて、炒めたカレー粉、カレールウを加え、
 とろみが出るまで弱火で煮込む。

4.なすは2〜3儻の小口切りにして180度の油で素揚げにし、
 グリーンピース、バター、牛乳と一緒に鍋に加えてひと煮する。


白菜鍋、ピェンロー

はてブで見つけたやけにシンプルな鍋レシピ。
ピェンロー(白菜鍋)レシピ
簡単でおいしそうだなー。

というわけで年末と年始に作ってみた。
上記レシピのは一人分だから×4。
注意通り、良い豚肉と良いお塩を買う。

白菜を丁寧に白い部分と菜っ葉部分に切り分けるのと
豚肉をきちんとバラバラに鍋投入すること以外は
まったく時間がかからない。
干し椎茸はレンジでも戻せるけど、やっぱり前の晩から
もどしたほうが絶対おいしいっす。

妹尾河童版には水をたっぷりとあるが、このレシピだと
水分量についてはあまり書かれていない。
結論:水はたっぷりでいい。白菜から思ったほど水がでない。
椎茸もどすときにボールめいっぱいの水で戻せばそれをそのまま使える。

調子にのって春雨いれすぎたせいもあり、初回はスープのない状態に……。

シンプルで大変食の進むお鍋。
お鍋味付けはごま油だけなので、各自好きなように
味付けできるのがイィ!(・∀・)
自分のおとり皿で世界が広がる。
シンプルだから何つけてもあう。
すんごいお腹にやさしい。いくらでも食べちゃう。

ピェンロー粥のために、汁は飲まないで取っておこう。
具だけ食べれ。

具を取り除いたお鍋に、暖めた冷や飯を適当な量、どぼん。
しばし煮込む。塩を少々。それだけ。
もう、すごい白菜の甘み。
鍋の後だというのにばかばか食べられるお粥。

お勧め!

家事できないカス女にも美味しく作れます。
なんせ味付けは各自お好みで、ですから。

これで妄想の中で「○○君の部屋にいっていいの?
じゃ、じゃあアタシお料理つくっちゃう!」て
のたまえるよ!冬限定!
あ、でもこれは家族とか大勢で食べたい。

カレー

カレーといえば『エルフを狩るモノたち』ですね。
電撃コミックガオで「エルフを狩るモノたち」が復活
華麗に新連載〜。


で、昨日のカレーいただきました。


お味は大変まろやか。
辛みはせいぜいカレー粉成分のみ。
まろやかすぎて万人受けしないかも?
どぎつくカレー!みたいな味じゃない。
でも、オクラの食感とか野菜の味とか、お腹に優しそう。

煮くずれしにくいメイクイーンを皮つきで投入したおかげで
じゃがいもがやけにはっきりした形。
柔らかい食感ばかりの中に固め食感で私にはおっけー。

夏野菜カレー

今日は『栄養と料理』8月号に載っていたカレーをば。
ちなみにカレーの作り方の基本で載っていたのは。

1.鍋に油とクミンを入れてから弱火にかけ、香りがたつまで
  じっくり加熱する。
  油を熱してからクミンを入れたり、強火で加熱すると風味がなくなる。
1.玉ねぎは弱火で5分いためて火を弱めてさらに5分。
  あめ色になるまで炒める。
  しばらくおいてはときどき炒め混ぜる「いため焼き」のイメージで。
1.カレー粉をまんべんなく揉み込んだ肉は、カレー粉が油に
  充分なじんで表面に焼き色がつくまで強火でいためる。

だそうな。

------------------------------------------------------
材料 4人分

玉ねぎ     1個半
じゃがいも   2個
なす      2個
オクラ     10本
a.(おろしにんにく・おろししょうが)各小さじ2
クミンシード  大さじ2
サラダ油    大さじ2
カレー粉    大さじ2
チキンブイヨン 2カップ
プレーンヨーグルト 100g
塩       小さじ1
------------------------------------------------------

1.玉ねぎは薄切り、じゃがいもは一口大にして柔らかくゆでる。
  なすは乱切り、オクラはへたの先を除く。

2.鍋に油とクミンを入れて火にかけ、香りがたったら玉ねぎを加えて
  あめ色になるまで炒める。aを加えて炒め合わせる。

3.じゃがいも、なす、オクラを加えてざっと炒め合わせる。
  カレー粉を加え、全体によくなじませる。

4.チキンブイヨンを注ぎ、煮立ったらヨーグルトを加え混ぜる。
  ふたをして5分ほど煮、塩で味を調える。


では作りましょ。
続きを読む >>

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

search this site.

recent comment

recent trackback

profile

mobile

qrcode

others